超デブ さと

D(キャバ嬢)「ブランドのカバンとか欲しいって言ったら簡単にくれますよね。あたしもそうなんだけど、複数の客に同じプレゼントもらって1個は自分用で売却用に分けるよ」
筆者「そうだったんですか?せっかくもらったのに質に出すんですか?」
D(キャバクラ在籍)「それでもふつうお金にしません?紙袋に入れておいてもどうにもならないしシーズンごとに変わるので必要な人が持った方がバッグだって悲しいだろうし」
E(十代、女子大生)悪いけど、Dさん同様、超デブ私もトレードしますね」
C(銀座サロン受付)「超デブ さとを通じて複数の儲かるんですね…私は一回もプレゼントなんてもらいませんでした」

超デブ さとにありがちな事

筆者「Cさんは他の人とは違う経験をしているみたいですね。超デブ さとのなかにはどのような人と絡んできたんですか?」
C「高級品を送ってくれる相手にねだったりはしてないです。多くの場合、プロフ盛ってる系でデートとかはどうでもいいんです。わたしなんですが、超デブ さとについてはまじめな気持ちで考えていたのに、体だけ求められても困りますね」
筆者「超デブ さとではどんな異性と探しているんですか?
C「調子乗ってるってなんですけど、医者とか弁護士の方とか国立大在学中の将来も安泰な相手を見つけたいです。

人生に必要な知恵は全て超デブ さとで学んだ

E(現役国立大学生)わたしも、国立大に在籍中ですが、超デブ さとにもまれに同じ大学の人もいておどろきます。かといって、恋愛をする感じではない。」
超デブ さとでは、オタクに対して嫌悪感を感じる女性はなんとなく人数が多いみたいです。
クールジャパンといってアピールしているかにかの日本でもさと、今でも身近な存在としての感覚はないのではないでしょうか。
無料を謳う超デブ さとを使用している中高年や若者に問いかけてみると、大多数の人は、ただ人恋しいという理由で、ごく短期間の関係さえ築ければそれで構わないと言う考え方で超デブ さとを使っています。
言い換えると、キャバクラに行くお金をケチりたくて、風俗にかける料金も節約したいから、お金の要らない超デブ さとで、「手に入れた」女性で安上がりで間に合わせよう、と思いついた男性が超デブ さとを用いているのです。
その一方で、女の子陣営は全然違う考え方を潜めています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、お金持ちで家事をしてくれる人を彼氏にしたい。超デブ さとに手を出している男性は100%モテない人だから、ちょっと不細工な女性でも思いのままにできるようになるんじゃないの?可能性は低いけど、カッコいい人がいるかも、デブは無理だけど、タイプだったら会いたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
噛み砕いて言うと、女性は男性が魅力的であること、またはお金がターゲットですし、男性は「お手ごろな女性」をターゲットに超デブ さとを用いているのです。
どちらにしろ、なるべく安価にお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そうやってさと、超デブ さとを適用させていくほどに超デブ、おじさんたちは女を「商品」として捉えるようにになり、女達も自分自身を「品物」として取りあつかうようにいびつな考えになっていくのです。
超デブ さとの使い手の考えというのは、女性を徐々に心のない「物体」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。
たいていの警戒心があればそんな男性と一緒になんでありえないのにと思ってもみないところなのですがよく言えばクリーンですぐに信用してしまうような女性はやばい人だと感じていてもその相手に身を委ねます。
少なくない何人もの女性が暴力事件の犠牲者になり生命を奪われたりしているのにそれでもなおそうしたニュースから学ばない女性たちは嫌な予感を受け流して相手のいいなり支配されてしまうのです。
今までに彼女のもらった「被害」は、誰に聞いても犯罪被害ですし、一般的に法的に天罰を与えることができる「事件」です。
けれども超デブ さとに関わる女子は、とにかく危機感がないようで、本当ならすぐにふさわしい機関に訴えるようなことも超デブ、無視して受け流してしまうのです。
結果的に、悪い人はこんな悪いことをしても暴露されないんだ免じてもらえるならどんどんやろう」と、大胆になって超デブ さとを使用し続け、犠牲者を増やし続けるのです。
「黙って許す」ということだと、心が広い響きがあるかもしれませんが、その態度こそが、犯罪者を増強させているということをまず知らなければなりません。
被害を受けた場合にはいちはやく、警察でも無料で話しをきいてくれる窓口でもあなたの行きやすい方でいいので最初に相談してみるべきなのです。
先月インタビューを失敗したのは、ズバリ、いつもはサクラの正社員をしている五人の学生!
集結したのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、現役男子大学生のBさん、芸術家のCさん、芸能プロダクションに所属するのを諦めたDさん、コメディアン志望のEさんの五人です。
筆者「まず最初に超デブ、始めた原因からうかがってもよろしいでしょうか。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(メンキャバキャスト)「わしは、女性心理がわかると思い始め方がわかりませんでした」
B(就活中の大学生)「小生はさと、ガッツリ儲けなくてもいいと思ってスタートしましたね」
C(芸術家)「うちは、ミュージシャンをやってるんですけど、まだアマチュア同然なんでいっこうに稼げないんですよ。ビッグネームになる為には脚光を浴びない所からこつこつ下積みするのがベストなんで、超デブ、こういうバイトでもやりながらさと、当分アンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(タレント事務所所属)「オレは、○○って芸能事務所に入って音楽家を志しているんですが、一度のステージで500円しか頂けないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトを始めたんです」
E(お笑いタレント)「実を申せば、うちもDさんと近い状況で、1回のコントで数百円の楽しい生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが超デブ、サクラの仕事をすべきかと悩みました」
あろうことか、超デブメンバー五名のうち三名が芸能プロダクションに所属しているという贅沢なメンバーでした…、それでも話を聞いて確認してみたところ、さと彼らにはステマ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。