手相は分かりやすいから信じる事ができる

手相は分かりやすいから信じる事が出来るというとどうゆう意味?と思う人もいるかもしれません。

でも想像してみて下さい。

例えばあなたが水晶占いをしてもらったとしましょう。占い師は水晶を覗きこみそしてそこに映った事を占いの結果として話します。

しかしあなたが水晶を見たとしてもそこには何も映っていません。

もちろん勉強をして経験を積んだ占い師で水晶自体にもちゃんとパワーがある石で本当に見えているのかもしれません。

ですがここでの問題は占い師に見えるのか見えないのかではなく、あなた自身に見えていないという事なのです。

そのため心のどこかで、本当にその占いってあたるの?適当な事をいってお金を稼いでいるだけなのでは?なんて思ってしまうのです。

それに対して手相占いの場合はあなた自身には手相に関する知識はないとしても、ここに線があるという事は見て分かります。

そしてその線を辿りながら、この線は○○線と呼ばれる線で、歴史上の人物では戦国時代の大名の○○にもあったと言われる線です。

こうゆう性質の線で、将来的にこんな事を成すでしょうと言われたらなんか信憑性を感じないですか?

それに知識はなくても、その線が気になったらネットで調べてみたらいいのです。

そうすると占い師が言っていた事は嘘じゃないと裏を取る事が出来ます。

なので占いは信じる事が出来るかどうかが重要ですから、手相のように分かりやすい占いの方が占いに半信半疑な人にとってはいいと言えるでしょう。

手相占いは年齢と共に確率されていく

人がどんな人生を歩んできたのかは全て顔に出ると思いませんか?

若いうちは顔は容姿が重要視されがちです。キレイな人や格好いい人がモテます。

しかしある程度歳を重ねていくうちに容姿は衰えてしまいます。

ですがそれで人間的な魅力がなくなったのかというとそうではありません。

容姿に関係なくいい顔をしているという魅力的な顔ってありますよね。

それはその人がどんな人生を生きてきて、いろんな経験が自信につながるといい顔になっていくわけです。

女性ならシワが気になると思うかもしれませんが、笑いジワがあるのはそれだけ笑顔の多い人生を送ってきたのかと思いますよね。

逆に眉間のシワが深いといつも不機嫌そうな顔をしていると思ってしまいます。

そして生き方を表すのは顔のシワだけではありません。

手のシワもそうです。

手のシワとは手相の事です。手相も若い頃と年を取った後とでは全く同じではなく、年と共にシワも増え手相の意味が変わってきます。

強い運勢があっても努力しなければその運勢は消えてなくなってしまうかもしれませんし逆に運勢がなくても努力すれば自分で切り開く事だって出来てしまうのです。

つまり手相とは年齢と共に変化し確立されていくものです。いい人生を歩んできた人はいい手相を刻んできた人だと言えるでしょう。